CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    今回の選挙で民主党には改めて日本人の審判がくだることでしょう。
    0
      日本人は覚えています。

      民主党が政権をとるやいなや日本人をはずかしめ、貶め、そして韓国、中国に日本を売り渡そうとしてたことを決して忘れません。

      今回も民主党であることを隠してステルス選挙で当選も目論もうとも無駄な事でしょう。

      まもなく改めて日本人の審判が下ることでしょう。


      【引用記事】

      捲土重来期す民主閣僚経験者 「攻めの選挙で」「新人のつもり」「経験を生かす」

      2年前の衆院選で多くの大物議員が落選した民主党は、今回の衆院選で捲土(けんど)重来を期す。解散後初の日曜日となった23日、民主の閣僚経験者の元職は選挙区を精力的に回り、有権者に健在ぶりをアピールした。

       「私にとってはありがたいチャンスを与えられたと思っている」。民主への“逆風”が吹き荒れた平成24年12月の衆院選で、現職の財務相でありながら落選した城島光力氏(67)=神奈川10区=は23日午後、JR川崎駅西口から東口の商店街などを練り歩くなどした。

       城島氏は白地に赤で「本人」と記されたたすきをかけ、訪れた先々で安倍政権が進める経済政策「アベノミクス」を批判。「もう一回、国民に優しい政治を実現するために頑張りたい」と訴えた。

       落選以来、民主批判にさらされる「厳しい日々」を過ごしてきたという城島氏。約2年間の雌伏を経て迎える今回の衆院選は「攻めの選挙になる」と議席奪還に力を込めた。

       前回選で歴史的大敗を喫した民主党。城島氏のほか、官房長官(当時)の藤村修氏(65)、文部科学相(同)の田中真紀子氏(70)ら現職閣僚6人、閣僚経験者10人が落選した。

      民主政権時代に官房長官などを務め、大阪11区からの立候補を予定している元職の平野博文氏(65)は23日、地元のもちつき大会に参加し、「初心に帰って走り回っています。今一度、国政へ送っていただきたい」と声を張り上げた。

       前回衆院選で、屈辱的な大敗を喫し、今回の選挙では「新人に戻ったつもりで戦う」と語る平野氏。選挙区内をくまなく回る「どぶ板」で選挙戦に臨む。

       元厚生労働相で、前回衆院選で自民新人に敗れた細川律夫氏(71)=埼玉3区=も23日、選挙区の埼玉県越谷市や草加市で開かれたイベントを積極的に回り健在をアピールした。

       国政の場で、子供たちが将来苦労しないような社会づくりなどに取り組みたいという細川氏は解散について「一つのチャンスが来た」と位置づける。70代で迎える衆院選に向け、「年はとっているが、経験がある。私でなければできないことをもう一度やらせてほしいと訴えていきたい」と意気込んでいる。

      http://www.sankei.com/politics/news/141124/plt1411240005-n1.html









      【関連記事/民主党】

      民主党(反日、親韓、在日)VS自民党(日本人)の戦い
      防空圏撤回決議欠席する民主党はどこの国の集まりなのか?
      審議時間わずか5時間で強行採決などの記録を作った民主党
      次期参院選には、民主党のステルス候補やステルス党員に要注意 
      川口順子元外相が死守した「国益」 民主党が死守した「国賊」
      日中の元外相同士の会談が設定できたのに、その邪魔をする民主党
      「アベノミクス?」と日本経済の足をひっぱる民主党
      民主・長島氏、海江田代表の「改憲反対」発言を批判
      言論統制をもくろんだ民主党が、国民の発言の自由を問う狡猾
      民主・海江田代表、96条改正反対を表明 参院選争点に
      明確になった日本国民(日本人)VS民主党(韓国、中国)の対立軸
      菅直人元首相は、今や歴史上の人物として高校生が学ぶ対象となった
      日本を貶めようとくだらない質問を必死にする民主・小西洋之氏
      海江田代表は、和牛商法被害者の方々にお詫びをしてもらいたい。
      存在自身が日本の国益を損ねている日教組のドン輿石東参院議員
      もはや国賊の域に達している岡田克也氏


      人気ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:民主党

      | 民主党 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      選挙期間中のブログやSNS利用の注意点
      0

        このブログもそうですが、民主党時代は選挙期間中に政治批判をこどこまで書いていいのか難しいところでした。

        とくに民主党政権時には、韓国人や在日韓国人の特権批判等を書こうものならしょっぴくみたいな平成の治安維持法みたいな法律が成立しそうで、真実を書いているブロガーはやきもきしたものです。

        まあ、現行法ではブログで政治批判するのはかまわないけど、それを印刷して配布した状態での政治応援や批判は不可というとこでしょうか?

        しかし、民主党時代には、政権や韓国に批判的な自由な言論が統制される危機的な状態を危惧していたのがウソのようにネット上では、自由な議論がなされるようになってよかったです。


        【引用記事】

        有権者のSNSは○ でもメールは× ルール不備のまま初の「ネット衆院選」へ

        12月2日公示、14日投開票の衆院選はインターネットを使った選挙運動が初めて解禁される総選挙となる。国政選挙では昨年夏の参院選で導入済みだが、当時から課題だった一般有権者の電子メール利用は禁止されたまま。公職選挙法は次期衆院選までにルール見直しについて「適切な措置を講じる」と明記しているが、何の改善もないまま本番を迎える。

         昨年4月に成立した改正公選法はネットの選挙運動への利用を初めて認めた。ただ、制度上の矛盾や不備を残したままの見切り発車だった。

         特に注意が必要なのは一般有権者のメールを使った選挙運動だ。例えば友人らに特定候補や政党の応援を呼び掛けるメールを送ると、公選法に抵触することになる。不特定多数に送信されて「迷惑メール」になる可能性があるからとされ、条件付きで候補者や政党だけに認められている。

         一方、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、動画投稿サイトは一般有権者も含め利用できる。メールもSNSも機能は似ていて混乱しかねない。

         また、ウェブサイトに掲載された政党や候補者のビラ、ポスターを画面上で他人に見せることはできても、それを印刷して配布することは禁じられており、十分な注意が必要だ。

         こうした矛盾の解消はネット選挙解禁をまとめた昨年の各党実務者協議でも課題として共有されていた。

         協議の結果、各党は改正公選法の付則に、一般有権者のメール解禁について「次回の国政選挙後、その実施状況の検討を踏まえ、次々回の国政選挙における解禁について適切な措置が講ぜられるものとする」と明記した。「次々回の国政選挙」は今回の衆院選に該当する。ところが昨年夏の参院選後も各党は検討に着手しないまま今回の解散となった。

         10月に松島みどり法相(当時)が選挙区内で名前入りの「うちわ」を配り、閣僚辞任に至った。だが、選挙期間中に証紙を貼って候補者の写真や名前を書いた「うちわ状」のビラの配布は認められ、多くの候補者が活用している。外見的には「どっちもどっち」だが、法律上は明確に線引きがされている。

         各党実務者協議では、ネット選挙解禁とあわせ、こうした分かりにくい選挙のルールを見直す機運もあったが、それも雲散霧消したまま選挙戦に突入する。

        http://www.sankei.com/politics/news/141123/plt1411230027-n1.html


        民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか (中公新書)
        日本再建イニシアティブ
        中央公論新社
        売り上げランキング: 60,702






        【関連記事/民主党】

        民主党(反日、親韓、在日)VS自民党(日本人)の戦い
        防空圏撤回決議欠席する民主党はどこの国の集まりなのか?
        審議時間わずか5時間で強行採決などの記録を作った民主党
        次期参院選には、民主党のステルス候補やステルス党員に要注意 
        川口順子元外相が死守した「国益」 民主党が死守した「国賊」
        日中の元外相同士の会談が設定できたのに、その邪魔をする民主党
        「アベノミクス?」と日本経済の足をひっぱる民主党
        民主・長島氏、海江田代表の「改憲反対」発言を批判
        言論統制をもくろんだ民主党が、国民の発言の自由を問う狡猾
        民主・海江田代表、96条改正反対を表明 参院選争点に
        明確になった日本国民(日本人)VS民主党(韓国、中国)の対立軸
        菅直人元首相は、今や歴史上の人物として高校生が学ぶ対象となった
        日本を貶めようとくだらない質問を必死にする民主・小西洋之氏
        海江田代表は、和牛商法被害者の方々にお詫びをしてもらいたい。
        存在自身が日本の国益を損ねている日教組のドン輿石東参院議員
        もはや国賊の域に達している岡田克也氏


        人気ブログランキングへ

        JUGEMテーマ:選挙


        | 国内 政治 | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
        【書評】 『韓国人の研究』黒田勝弘著
        0
          世界からクエスチョン印がつけられる隣国韓国人というのは何者なのか?

          読んでみたい一冊です。


          引用記事

          http://www.sankei.com/life/news/141123/lif1411230012-n1.html

          歴史をネタに反日運動を展開する韓国。日本ではそれに呼応するように反韓感情が拡大、揚げ句、韓流ブームもうたかたのように消え去り…。そんな折に「それでも韓国は面白い」と言い切るのだから、生半可の韓国ウオッチャーにはできない。

           在韓30年超の著者。実は「韓国人から最も憎まれている」日本人記者でもある。それは韓国人の“痛いところ(本質)”も遠慮なく書くからだろう。「似て非なる隣人」のアタマの中身から、社会の変化、食、酒、性の最新事情まで、「サラン(韓国語で愛)」たっぷりに、ぶった斬る。


          内容紹介

          日本人と韓国人、見た目は似ているのでつい相違点に目が行きがちだが、実は考え方や文化、行動様式はこんなにも違う! 在韓30年を超える著者が、滞在する中での体験をもとに、彼らの行動の真意を読み解いていく。エピソード満載の、興味深い韓国人論。
          「反日」の腹いせに韓国のマイナスをあげつらって溜飲を下げるのも見苦しい。日本人としてはそこまで堕ちたくない。(本文より)
          おもな項目
          初めてなのに懐かしい/大韓航空731便には乗れない?/
          韓国が毎日、反韓をやっている/中国人も手こずる韓国人/
          夫婦ゲンかは管理人に停戦させる/自転車に乗れない、
          乗らないわけ/女性の“太もも軍団"がスタバであぐら/
          マツダ「ボンゴ」はワゴン車の代名詞/カラオケクラブ
          「NHK」の謎/アサヒビールはなぜ人気か/「単身不倫」の
          ススメ?/反日に勝ったナットウとワサビ/サムスン入社の
          ための予備校/韓国男性はキム・ヨナより真央ちゃん/
          日本のモノが大好きな韓国人 ……ほか


          韓国人の研究 (oneテーマ21)
          黒田 勝弘
          KADOKAWA/角川学芸出版
          売り上げランキング: 2,196







          【推薦図書】

          → 『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』
          → 【書評】 『テキサス親父の大正論』トニー・マラーノ著
          → 【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著
          → 【書評】 『マスコミ堕落論』西村幸祐著
          → 【書評】 『だから日本は世界から尊敬される』マンリオ・カデロ著
          → 【書評】『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』
          → 【書評】『暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国』
          → 【書評】『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
          → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
          → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
          → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
          → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
          → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
          → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
          → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
          → 
          【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著


          人気ブログランキングへ


          JUGEMテーマ:韓国

          | 韓国 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
          【書評】『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』産経新聞社著
          0
            ジャーナリスト、櫻井よしこが読む『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』産経新聞社著


            これはまさに「戦争」なのだ。主敵は中国、戦場はアメリカである。中韓両国が日本に突きつける歴史問題の本質を「産経新聞」はそう喝破し本書にまとめた。

             中韓両国は捏造(ねつぞう)情報で日本を完膚なきまでに貶(おとし)め信頼失墜をはかる。日米離反と日本の孤立が最終目標だ。

             中国共産党政府と抗日連合が主導する在米中華勢力は、豊富な資金力と巧みな戦略で反日世論の浸透をはかる。アメリカの司法および行政が慰安婦問題はすべて複数の国際条約によって解決済みとの最終判断を示すと、彼らは直ちに次なるターゲットを立法府に絞った。

             票と献金が結果を左右し得る選挙区や議員らを標的にした運動は、次々に成功をおさめつつある。

             左派系団体の暗躍の場と言ってよい国連人権委員会でも、彼らは河野談話や吉田清治証言を巧みに活用して日本包囲網を構築した。

             日本は外務省も政府もその時、その場できちんと反論してこなかった。それだけでなく、国際社会の左派陣営に反日の歴史材料を与えてきたのもおよそいつも日本人である。

            反論しないだけでなく、逆に祖国を貶めることを正義と考える人々の暗躍する国−日本こそ中国にとって格好の餌食であろう。

             それでなくとも中国は謀略の国だ。彼らは民族興亡の血塗られた歴史を繰り返してきた。その国柄の酷薄さと苛烈(かれつ)さゆえに、庶民に至るまで生き残りのために謀略の才を磨かざるを得なかった。

             対照的に異民族との交流が比較的少なく、穏やかな文明を育んだ日本人の情報や謀略に対する理解は極めて表層的だ。

             戦後は情報も含めてアメリカに頼りきり、自らを護(まも)ることを忘れた。いま最大の危機に直面する理由は私たちの中にある。

             それでも敗北するわけにはいかない。官民の力を合わせてこの不条理な戦争に勝たなければならない。

             その第一歩として、日本人全員に読んでほしいのが本書である。


            引用記事
            http://www.sankei.com/life/news/141109/lif1411090026-n1.html


            内容紹介

            朝日新聞、中国・韓国と日本はどう戦うか

            永久保存版!

            朝日新聞の"欺瞞"を暴く
            ◎「挺身隊の名で戦場に連行」と事実を歪曲
            ◎「強制連行」、女性の人権問題にすり替え
            ◎事実に基づかない日本の汚名が世界中に

            朝日新聞「慰安婦」報道と「河野談話」を潰さなければ、
            日本は永遠に「性奴隷の国」だ!

            河野談話「日韓合作」をスクープし、朝日の誤報と「慰安婦」報道を徹底批判してきた産経新聞。
            そのすべてが1冊にまとまりました。
            いまや世界に拡がった「日本=性奴隷の国」の現状とその嘘の構造を解き明かす!
            これ1冊で慰安婦問題のすべてがわかります!

            阿比留瑠比(産経新聞政治部編集委員)が序章を書き下ろし

            ◎目次
            ■序章 日本の歴史を取り戻す戦い
            朝日の「慰安婦報道」の根底が覆った
            河野談話は日韓「合作」
            政府検証と外務省内部文書
            正義は戦勝国だけにあるのか
            歴史戦は正念場へ

            ■第1章 朝日「慰安婦」報道が犯した罪
            偽証「吉田証言」を朝日はどう報じたか
            吉田清治とは何者なのか
            海外へ拡散、国連の報告書にも反映
            国内政治、教育にも大きな悪影響

            ■第2章 朝日「検証」の欺瞞と波紋
            女子挺身隊と慰安婦は別――22年前から認識
            「歴史教育議連」を狙い撃ち
            朝日、特集記事でまた問題すり替え
            韓国メディア、政府支援でクマラスワミ取材

            ■第3章 河野談話の罪と外交の無力
            「性奴隷」反論文書を撤回した日本政府
            慰安婦の聞き取り調査は「儀式」だった
            河野談話すり合わせ「日本が要請」――韓国側当事者が証言
            豪州を巻き込む中国系と韓国系
            南京市が旧日本軍「慰安所」保存を決定

            ■第4章 「慰安婦20万人」拡散の原点
            名を連ねる虚偽証言者――河野談話ヒアリング対象者
            元朝日特派員「すぐに訂正が出ると思った」
            北が仕掛けた「20万人性奴隷」

            ■第5章 韓国でみた「慰安婦」の実相
            韓国、河野談話検証に反発
            死してなお反日の道具にされる慰安婦
            連行20万人は「周知の嘘」
            史実無視、中韓連携の不可解
            問題解決、日韓ともに着地点が見えず
            韓国での取材を終えて

            ■第6章 「反日」に利用される国連
            委員会は「慰安婦は性奴隷」を明記
            「慰安婦=性奴隷」を生んだ日本人
            「国連に問題がある」――声を上げた市民

            ■第7章 「主戦場」は米国、「主敵」は中国
            サンフランシスコ中華街観光名所に「反日拠点」
            同盟国・米国で日本非難はどう拡大したか
            司法の場でも日本糾弾を展開
            日系のホンダ議員、「反日」団体の先兵に
            終わらぬ糾弾、狙いは日米同盟弱体化

            ■資料編
            ▼河野談話政府検証報告に関する産経新聞報道
            ▼河野談話政府検証報告の詳報
            ▼河野官房長官談話全文
            ▼クマラスワミ報告書(抜粋)
            ▼クマラスワミ報告に対する日本政府「幻の反論文書」(要旨)
            ▼慰安婦問題をめぐる経緯


            歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
            産経新聞社
            産経新聞出版
            売り上げランキング: 163







            【推薦図書】

            → 【書評】 『テキサス親父の大正論』トニー・マラーノ著
            → 【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著
            → 【書評】 『マスコミ堕落論』西村幸祐著
            → 【書評】 『だから日本は世界から尊敬される』マンリオ・カデロ著
            → 【書評】『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』
            → 【書評】『暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国』
            → 【書評】『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
            → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
            → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
            → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
            → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
            → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
            → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
            → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
            → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
            → 
            【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著



            人気ブログランキングへ



            | 慰安婦問題 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
            << | 2/259PAGES | >>