CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
<< 【書評】 『テキサス親父の大正論』トニー・マラーノ著 | main | 報道各社は、朝日新聞がなぜ売国記事ねつ造を連発したのかを検証する社会的義務を持つ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    日本人にとって「朝日新聞という存在」がどういうものなのか、国民全体で考える時期に来ているのでは?
    0
      長い期間におよぶ産経新聞の調査のおかげで朝日新聞によるねつ造がようやく日本人の知るところになりました。

      先般、朝日新聞もねつ造を「誤報」という名ではありましたが、ようやく認めました。

      しかしながら、日々、脈々と日本人を辱める記事を書き続ける朝日新聞とはどういう存在なのか、国民全体で考える時期にきているのではないでしょうか?


      産経の記事によると、大事な問題なのでしつこく書く。朝日新聞が5、6両日付朝刊で展開した慰安婦問題に関する自社報道の特集記事についてである。朝日は5日付1面の杉浦信之編集担当の記事「慰安婦問題の本質 直視を」で、こう主張している。

       「被害者を『売春婦』などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、(中略)問題をこじらせる原因をつくっている」

       「慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです」

       確かに、親に売られたり悪徳業者にだまされたりして意に反して慰安婦となった女性もたくさんいた。その境遇には同情するが、朝日の一方的な言い分には強い違和感を覚える。

       米軍が先の大戦中、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らに尋問した内容をまとめた米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、こう指摘している。

       「慰安婦は売春婦(prostitute)であるに過ぎない」

       ならば朝日はまず、米国に抗議すべきだろう。また、朝日のいう「自由を奪われ」「尊厳を踏みにじられ」といった画一的な慰安婦像も大いに疑問である。

      この米軍の報告書によると、慰安婦たちは将兵とスポーツやピクニックを楽しみ、当時としては高価な蓄音機を持ち、町に買い物に出ることができた。

       日本人兵士が結婚を申し込む例も多く、実際に結婚に至ったケースもあった。平均月収は兵士の数十倍に上り、「彼女らは金を多く持っていた」という。

       朝日の書きぶりはこうした実例には目をつぶり、慰安婦が「性奴隷」状態にあったように印象付けようとしているのではないか。果たして事実はどうなのか。

       明星大戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏の新著「『慰安婦』政府資料が証明する〈河野談話〉の虚構」(明成社)は、政府が平成4、5年に発表した調査資料(前記の米軍報告書を含む)をもとに、慰安婦の実像に迫っている。

       政府資料には、戦局や地域・慰安所経営者によって差異はあろうが、こんな事例が記されている。

       慰安婦たちは毎朝2時間の散歩が許可されていた▽廃業の自由があった▽酔った兵士に暴行された慰安婦に所属部隊から30円の慰謝料が支給された▽兵士が慰安婦に貢ぐため白米や砂糖を盗んだ−など。

      直木賞作家で在日韓国人でもあった故つかこうへい氏は17年前の平成9年、自身で慰安婦問題を取材して分かった慰安婦像について筆者にこう語っていた。

       「鎖につながれて殴られたり蹴られたりして犯される奴隷的な存在と思っていたけど、実態は違った。将校に恋をして貢いだり、休日に一緒に映画や喫茶店に行ったりという人間的な付き合いもあった。不勉強だったが、僕はマスコミで独り歩きしているイメージに洗脳されていた」

       つか氏の著書「娘に語る祖国 満州駅伝−従軍慰安婦編」(光文社)にも、娘に向けたこんな率直なセリフが出てくる。

       「パパはいろんな人に取材したんだけど、従軍慰安婦の人たちは必ずしも悲惨じゃなかったんだ」

       朝日は自らに施した洗脳を解き、もう少し慰安婦問題の本質を直視してはどうかとのことです。




      これでも朝日新聞を読みますか?
      山際 澄夫
      ワック
      売り上げランキング: 140,366






      【関連記事/朝日新聞】

      → もはや言論統制の左翼媒体になりさがった朝日新聞
      → 護衛艦「いずも」をどうしても「空母」にしたい朝日新聞
      → 朝日新聞が絶対に伝えない「靖国参拝」に関するアジアの声
      → 朝日新聞は、弾薬1万発、臨時に借りたことにしたい様子
      → 朝日の「殴り込み部隊」という表現もいかがなものか
      → 朝日新聞が「秘密保護!」する慰安婦報告書
      → 朝日新聞は、平成の治安維持法とよばれた人権擁護法案に賛成
      → 朝日新聞の反対!大反対!だけ「秘密保護法」なぜ必要
      → 朝日新聞が絶対に報じない、韓国の小学校の教育実態
      → 朝日新聞の思想別による多重人格的報道はいかがなものか
      → 朝日新聞はなぜヘイトスピーチが発生するのか原因を記事にすべき
      → 産経の「村上春樹さんにノーベル賞」と一時掲載 メシウマの朝日
      → 朝日新聞の記事の書き方がおかしい件 攻撃型空母は保有できない?
      → 朝日新聞の社を挙げての麻生副総理たたきが異常すぎる
      → 事件報道を日本人は実名で韓国人を通名で報道する朝日新聞の矛盾
      → 日本人の人権侵害に対して論陣を張る気概を見せて欲しい
      → この度し難き鉄面皮…朝日新聞の頬被り「慰安婦=性奴隷」論
      → 朝日記者がビビり?尖閣諸島を中国名で質問自国の呼称が一般的
      → 安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞 マイケル・グリーン氏
      → 朝日新聞の若宮啓文論説主幹「安倍の葬式はうちで出す」
      → 朝日新聞の「姿勢」は、各紙見習うべき点があるのでは?
      → 「母に送りつけてきた事実ない」橋下氏が訂正・謝罪
      → 産経の朝日への嫌味記事 朝日新聞の「旭日」社旗は問題ないのか?


      人気ブログランキングへ
      JUGEMテーマ:ニュース


      | メディア関連 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:19 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック