CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
<< 【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著 | main | 日本人にとって「朝日新聞という存在」がどういうものなのか、国民全体で考える時期に来ているのでは? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【書評】 『テキサス親父の大正論』トニー・マラーノ著
    0

      記事によると、『テキサス親父の大正論 韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!』

       夕刊フジでおなじみの「テキサス親父(おやじ)」が軽妙洒脱(しゃだつ)なトークで、中国や韓国、そして米国のリベラル層を論破する。米南部に住むごく普通の保守的な親父が、大手電話会社を退職した後に、動画サイトで日本に関するメッセージを発するようになった経緯や、日本を訪れた印象も記した。日本の読者に向けて「反日勢力は黙っている日本人を狙い撃ちしている。彼らの『レッテル貼り』を恐れ、正しく批判することをためらうな」と訴える。『呆韓(ぼうかん)論』(産経新聞出版)の著者でジャーナリストの室谷克実氏との3時間に及ぶ対談も完全収録したとのことです。


      内容紹介

      英語が苦手、反論が苦手な日本人。中国・韓国が世界でディスカウントジャパン運動を繰り広げる中、動画サイトに登場したのが「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏である。軽妙洒脱なトークで、中韓、アメリカのリベラル層まで、論破するその姿勢に、爽快感を覚えた視聴者が激増しているそんな親父の古き良き保守論が、日本を追い詰める勢力をぶった切る。ヘイトではない、新たな保守の論客が放つ、渾身の日本保守論。 (本書の内容) ●はじめに―正しく批判することを恐れるな! 無関心こそ最大の敵だ! 彼らはおとなしい日本人を狙い撃ちにしているんだ ●アメリカを壊す慰安婦像に紙袋をかぶせてやったぜ! ●韓国の反日は「慰安婦」「竹島」「靖国」の3本の矢でできてるぜ! ●1000年恨んだ反日活動に世界がドン引きしているぜ! ●常に自分たちの行動が、自分たちに返ってくるお前ら韓国が好きになりそうだぜ! ●韓国の「宗主国」中国にいたっては世界制覇を目指しながら自分の墓穴を掘ってるぜ! ●俺の人生を語るぜ! 題して「誕生! 『プロパガンダ・バスター』! 」 ●日本の皆さんは今のアメリカに怒ってくれ! 俺も怒っているんだっ! ●日本のトップ論客、「呆韓論」の室谷克実さんと3時間も対談したぜ! (完全収録) ●だから俺は日本が好きなんだ!

      著者について
      トニー・マラーノ(TonyMarano、1949年2月19日-)は、アメリカ合衆国の作家・評論家。イタリア系アメリカ人。日本では通称「テキサス親父」(TexasDaddy)と呼ばれている。現在は、動画サイトでの評論活動のほか、雑誌や新聞でも執筆活動をしている。07年9月頃からYoutubeに投稿し、今日までほぼ毎日更新しているため、世界中のYoutuberに知られている。日本製を買い揃えないと気が済まない。明治製菓製のチョコレートと、ドラマ版ごくせんのヤンクミ(仲間由紀恵)が大好き。黒木メイサ主演の「1ポンドの福音」にもハマった。現在ダイエットに挑戦しているが、来日中に日本料理を食べ過ぎてしまったらしく、また太ってしまった。








      【推薦図書】

      → 【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著
      → 【書評】 『マスコミ堕落論』西村幸祐著
      → 【書評】 『だから日本は世界から尊敬される』マンリオ・カデロ著
      → 【書評】『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』
      → 【書評】『暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国』
      → 【書評】『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
      → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
      → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
      → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
      → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
      → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著



      人気ブログランキングへ


      JUGEMテーマ:韓国


      | 国際紛争 アジア | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:12 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック