CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
<< 【書評】 『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著 | main | 日本は世界の積極的平和を実現するために、親日国を中心に軍事兵器を輸出すべき時期にきているのでは? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【書評】 『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
    0

      記事によると、ついに朝鮮半島の38度線が消滅する。その衝撃的な内容に本書はなっています。

       冒頭、今年2月にケリー米国務長官がソウルを訪問し、朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した内容に触れています。ケリー国務長官は「カビの生えた歴史認識問題をとやかくいうな。北朝鮮はいつ潰れるかわからないぞ」と厳しい口調で朴大統領に伝えたのです。中国から無償支援されていた穀物、原油、無煙炭が打ち切られ、困窮した北朝鮮国民は「生きる」ために韓国に一気に流れ込むことになると。

       ではなぜ、中国が北朝鮮への支援を中止するのか。中国は経済破綻し、北朝鮮の面倒を見るゆとりが全くなくなったからだと説いています。そして深刻な問題として浮上するのが食料の確保です。北朝鮮と韓国の国民は合計約7千万人。その国民をどうやって食べさせるのか。それを救う手立ては日本からのコメ支援しかありません。だから、朴大統領は近く来日して安倍首相に「頭を下げる」ことになると著者の長谷川慶太郎先生は予測しました。そして、北朝鮮に拉致された日本人被害者は、安倍首相が近く平壌に出向き全員、帰国させることになるという。それほど北朝鮮情勢は切迫していると説いています。

       今回の企画は長谷川先生との雑談の中から生まれたもので、原稿はわずか約1カ月間で書き上げていただきました。80歳を超えるご高齢にもかかわらず、その筆力の高さと独特な情報分析力にただ敬服するばかりですとのことです。


      内容紹介

      「ベルリンの壁」が崩壊、東西ドイツが統一されて24年が経つ。
      いずれは北朝鮮と韓国を分断している38度線も崩壊するといわれてきたが、ついにその時がやってくると著者の長谷川先生は大胆に予測した。
      それも2014年中の可能性が高い。
      理由は、中国が経済破綻により「中国が北朝鮮を見捨てる」からだという。

      これまで、中国は北朝鮮に3つの50万トンを無償援助してきた。それが2014年中に打ち切りとなる。
      この3つとは何か。穀物、無煙炭、そして原油である。北朝鮮はこの中国からの援助で生き延びてきたわけだが、それが中断されるということは、北朝鮮にとって「死」を意味する。
      その兆しがあるのだ。
      中国と北朝鮮の国境沿いに流れている大河、鴨緑江を渡る貨物量が最近になって急激に減少している。
      このため北朝鮮の金正恩第一書記は相当焦っており、この難局を乗り切るために、日本との関係修復を全力で模索し始めている。
      このことは拉致被害者・横田夫妻とお孫さんとの面会がモンゴルのウランバードルで急遽、実現したことに表れている。
      そして、日本人拉致被害者全員が近く、日本に帰国する可能性が高いと長谷川先生は指摘した。

      北朝鮮の人口は約2480万人、このうち、まともに食べられているのは平壌に住んでいる約300万人に過ぎないという。
      北朝鮮では食料事情は深刻で、多くの国民が飢餓状態にある。
      38度線が消滅すると同時に、飢えた北朝鮮の国民が韓国になだれ込むことになる。
      すると、韓国は食料の手当てが大変になり国内は大混乱に陥る。
      この状態を唯一、救える国は日本しかない。日本には約350万トンの備蓄米が眠っており、これを朝鮮半島に輸出すれば取りあえず、食料不足による混乱は収まる。

      一方見逃せないのは、仮に朝鮮半島が統一されれば、そのコストは膨大になる点だ。
      その資金面でも支援ができる国は日本しかない。
      だからこそ韓国の朴槿恵大統領に、「歴史認識問題」「従軍慰安婦」などでの日本に対する批判を止めて、「親日」になれと米国のオバマ大統領やケリー国務長官が強い口調で要請したのだ。
      近い将来、朴大統領は安倍首相と東京で会談をして、これまでの「反日」姿勢に対して謝罪することになると予想している。

      そして、そもそも中国はなぜ経済破綻するのか。それは「理財商品」のデフォルトが大量に発生し、国内各地で取り付け騒ぎが多発すると見られるためだ。
      加えて人民元安、資産の海外流出、深刻化する公害問題などで中国経済は明らかに低成長に突入すると分析した。
      失業者は増加しテロも頻繁に発生する。中国国内は混乱し、破綻に向かうことは間違いないと見ている。
      だから、中国は他国の面倒を見る余裕はなくなり、北朝鮮を見捨てるのだ。
      2014年中にも朝鮮半島は南北統一という大激動期に突入する。
      隣国で起こるだろう大変な事態を予測した注目の一冊である。



      朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
      長谷川 慶太郎
      実業之日本社
      売り上げランキング: 131





      【推薦図書】

      → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
      → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
      → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
      → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
      → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
      → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
      → 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
      → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
      → 【書評】「連合艦隊の最後 太平洋海戦史」教授・田久保忠衛
      → 【書評】『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
      → 【書評】『中国という蟻地獄に落ちた韓国』鈴置高史著
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著



      人気ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:朝鮮問題について


      | 韓国 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:57 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック