CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
<< 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著 | main | 日本は親日国フィリピンを軍事面でもサポートすべきでは? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
    0

      記事によると、先日来日し、天皇陛下と会見、晩餐(ばんさん)会に出席したオバマ大統領ですが、2009年に来日した際、天皇陛下に対して、体を90度折り曲げ深々とお辞儀をしたことが内外で話題になったことは記憶に新しいでしょう。日本人でも、「なぜそこまで?」と驚いた人も少なくなかったと思います。

       皇室外交は外交官千人分の効果があるとも言われますが、本書は、千年前から現在に至るまで、外国人が皇室や天皇の存在、そして日本人との関係をどう見てきたかということを、台湾出身の著者がさまざまな文献を駆使して論考したものです。

       とくに皇統が連綿と続いてきたことについては、どの時代でも大きな驚きだったようで、宋の太宗は日本の「万世一系」を羨(うらや)ましがり、江戸初期に訪日したドン・ロドリゴなどもそのことを特記しています。現在の外国人にとっても、その重みはますます増していると著者は説きます。

       さらに、なぜ日本は「万世一系」が可能だったのか、中華王朝の皇帝と比較しつつ分析。「五千年の歴史」とはいうものの、中国では王朝が目まぐるしく交代し、時には異民族に支配された時代もありました。また、古代文明を誇ったギリシャも、ローマ帝国やオスマン帝国に編入されるといった歴史の分断があり、現存する国のなかで日本は世界最古であると論じています。

       国と国とが支配と被支配を繰り返してきた世界のなかで、日本はいかに稀有(けう)な存在かということを、改めて認識させられる一冊ですとのことです。


      内容紹介

      現存する世界最古の国は中国でもギリシャでもない。日本である。易姓革命を繰り返してきた中国は、数百年に一度、そっくり別の国になってきた。欧州でもギリシャを引き継いでいる国などない。日本だけが万世一系であり、それは世界から羨望の的なのである。その証拠に、宋の太宗は日本の万世一系を羨み、昭和天皇の崩御の際には、世界34カ国が喪に服した。こうしたエピソードを交えながら、天皇をいただく日本だからできた世界最高の国づくりを検証。


      世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
      黄 文雄
      徳間書店
      売り上げランキング: 131






      【推薦図書】

      → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
      → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
      → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
      → 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
      → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
      → 【書評】「連合艦隊の最後 太平洋海戦史」教授・田久保忠衛
      → 【書評】『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
      → 【書評】『昭和二十五年 最後の戦死者』城内康伸著
      → 【書評】『中国という蟻地獄に落ちた韓国』鈴置高史著
      → 【書評】『日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい』
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
      → 【書評】『韓国 反日感情の正体』黒田勝弘著
      → 【書評】『悪韓論』室谷克実著


      人気ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:天皇について


      | 歴史問題 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:26 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック