CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
<< 【書評】 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著 | main | 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【話題の本】 『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
    0

      記事によると、いささか刺激的な題名と帯の文言で、朝日新聞に広告が載った際に「明らかなヘイトスピーチで、このような広告の掲載自体が許されない」と抗議の声を上げた弁護士がいたほど。それでも内容に立ち入れば、単なる嫌韓本ではないことは容易にわかるはずで、今月1日の発売で現在3刷2万4000部と売り上げは好調。週明けにもさらに増刷の予定だという。

       著者は40年来の韓国ウオッチャーで、多くのマスコミが北朝鮮を礼賛していた空気が残る昭和53年に『韓国の挑戦』を発表し20万部のヒットを記録した。祥伝社の水無瀬尚新書編集長は「当時はまだ韓国を持ち上げるには大変な勇気が必要だった時代。その著者が集大成として書いただけに、今回の本には説得力がある」と話す。

       日本人とは大きく異なる韓国人の国民性は、朝鮮半島の歴史を振り返ることで理解できるはずだ。相手を知り尽くした上で、日本は韓国の理不尽な反日に反撃しなければならない。

       「こうした現状を日本人すべてが認識して、腰を据えてかからないと、良好な日韓関係を構築することなど、まさに夢のまた夢でしかない」と著者は記す。

       そう、この本の根底には韓国への愛があるのだとのことです。


      内容紹介

      インスタントラーメンから製鉄まで、現在の韓国企業のほとんどは、その技術を日本に負っている。 日本という親韓的でお人好しの国がすぐ隣りにいなければ、今日の韓国はなかったと、はっきり断言できる。 日本人は、こういうことを繰り返し恩着せがましく韓国に対して言い続ける必要がある。 日本では「誰のおか げだ! 」というセリフは、よほどのことない限り禁句だが、韓国が反日の妄言を弄(ろう)するときは言ってやるべきだ ろう。韓国には、以心伝心は通じないのだ。 ハングルを解し、現地に多くの知己を持つ韓国ウォッチャーの第一人者による、胸のすく新・韓国論!

      出版社からのコメント

      韓国の「反日」が止まらない。この空気はどこから来ているのか。 韓国人は、相手が謝れば、それは相手が非を認めたためだと解釈し、自らの正当性が裏付けられたと自負します。好意や善意は全く通用せず、こちらが善意をもって相対しても、それはやましいところがあるからそうしているのだとしか思いません。 容貌が似ているし、人種的にも日本人に近いと考えるから好感情を抱きやすいのですが、これが 大きな落とし穴になります。 韓国語を話し、韓国研究を40年以上続けてきた著者は、歴史の真相の中にその理由を探し出します。 なぜ、その場限りのことを無責任に言いつのるのか。 なぜ、見返りがないのに、ひたすら攻撃をし続けるのか。 その謎に本書は迫っていきます。 ただの嫌韓でも反韓でもない、本当に韓国をよく知る著者が「これだけは言っておきたい」という思いで著わした、虚言と妄想の国・韓国のありのままがここに!


      どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
      豊田有恒
      祥伝社
      売り上げランキング: 117







      【推薦図書】

      → 【書評】 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
      → 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
      → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
      → 【書評】「連合艦隊の最後 太平洋海戦史」教授・田久保忠衛
      → 【書評】『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
      → 【書評】『昭和二十五年 最後の戦死者』城内康伸著
      → 【書評】『中国という蟻地獄に落ちた韓国』鈴置高史著
      → 【書評】『ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論』
      → 【書評】『中国共産党3年以内に崩壊する!?』宮崎正弘著
      → 【書評】『日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい』
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
      → 【書評】『韓国 反日感情の正体』黒田勝弘著
      → 【書評】『悪韓論』室谷克実著


      人気ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:韓国


      | 韓国 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:49 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック