CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【書評】『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』産経新聞社著
    0
      ジャーナリスト、櫻井よしこが読む『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』産経新聞社著


      これはまさに「戦争」なのだ。主敵は中国、戦場はアメリカである。中韓両国が日本に突きつける歴史問題の本質を「産経新聞」はそう喝破し本書にまとめた。

       中韓両国は捏造(ねつぞう)情報で日本を完膚なきまでに貶(おとし)め信頼失墜をはかる。日米離反と日本の孤立が最終目標だ。

       中国共産党政府と抗日連合が主導する在米中華勢力は、豊富な資金力と巧みな戦略で反日世論の浸透をはかる。アメリカの司法および行政が慰安婦問題はすべて複数の国際条約によって解決済みとの最終判断を示すと、彼らは直ちに次なるターゲットを立法府に絞った。

       票と献金が結果を左右し得る選挙区や議員らを標的にした運動は、次々に成功をおさめつつある。

       左派系団体の暗躍の場と言ってよい国連人権委員会でも、彼らは河野談話や吉田清治証言を巧みに活用して日本包囲網を構築した。

       日本は外務省も政府もその時、その場できちんと反論してこなかった。それだけでなく、国際社会の左派陣営に反日の歴史材料を与えてきたのもおよそいつも日本人である。

      反論しないだけでなく、逆に祖国を貶めることを正義と考える人々の暗躍する国−日本こそ中国にとって格好の餌食であろう。

       それでなくとも中国は謀略の国だ。彼らは民族興亡の血塗られた歴史を繰り返してきた。その国柄の酷薄さと苛烈(かれつ)さゆえに、庶民に至るまで生き残りのために謀略の才を磨かざるを得なかった。

       対照的に異民族との交流が比較的少なく、穏やかな文明を育んだ日本人の情報や謀略に対する理解は極めて表層的だ。

       戦後は情報も含めてアメリカに頼りきり、自らを護(まも)ることを忘れた。いま最大の危機に直面する理由は私たちの中にある。

       それでも敗北するわけにはいかない。官民の力を合わせてこの不条理な戦争に勝たなければならない。

       その第一歩として、日本人全員に読んでほしいのが本書である。


      引用記事
      http://www.sankei.com/life/news/141109/lif1411090026-n1.html


      内容紹介

      朝日新聞、中国・韓国と日本はどう戦うか

      永久保存版!

      朝日新聞の"欺瞞"を暴く
      ◎「挺身隊の名で戦場に連行」と事実を歪曲
      ◎「強制連行」、女性の人権問題にすり替え
      ◎事実に基づかない日本の汚名が世界中に

      朝日新聞「慰安婦」報道と「河野談話」を潰さなければ、
      日本は永遠に「性奴隷の国」だ!

      河野談話「日韓合作」をスクープし、朝日の誤報と「慰安婦」報道を徹底批判してきた産経新聞。
      そのすべてが1冊にまとまりました。
      いまや世界に拡がった「日本=性奴隷の国」の現状とその嘘の構造を解き明かす!
      これ1冊で慰安婦問題のすべてがわかります!

      阿比留瑠比(産経新聞政治部編集委員)が序章を書き下ろし

      ◎目次
      ■序章 日本の歴史を取り戻す戦い
      朝日の「慰安婦報道」の根底が覆った
      河野談話は日韓「合作」
      政府検証と外務省内部文書
      正義は戦勝国だけにあるのか
      歴史戦は正念場へ

      ■第1章 朝日「慰安婦」報道が犯した罪
      偽証「吉田証言」を朝日はどう報じたか
      吉田清治とは何者なのか
      海外へ拡散、国連の報告書にも反映
      国内政治、教育にも大きな悪影響

      ■第2章 朝日「検証」の欺瞞と波紋
      女子挺身隊と慰安婦は別――22年前から認識
      「歴史教育議連」を狙い撃ち
      朝日、特集記事でまた問題すり替え
      韓国メディア、政府支援でクマラスワミ取材

      ■第3章 河野談話の罪と外交の無力
      「性奴隷」反論文書を撤回した日本政府
      慰安婦の聞き取り調査は「儀式」だった
      河野談話すり合わせ「日本が要請」――韓国側当事者が証言
      豪州を巻き込む中国系と韓国系
      南京市が旧日本軍「慰安所」保存を決定

      ■第4章 「慰安婦20万人」拡散の原点
      名を連ねる虚偽証言者――河野談話ヒアリング対象者
      元朝日特派員「すぐに訂正が出ると思った」
      北が仕掛けた「20万人性奴隷」

      ■第5章 韓国でみた「慰安婦」の実相
      韓国、河野談話検証に反発
      死してなお反日の道具にされる慰安婦
      連行20万人は「周知の嘘」
      史実無視、中韓連携の不可解
      問題解決、日韓ともに着地点が見えず
      韓国での取材を終えて

      ■第6章 「反日」に利用される国連
      委員会は「慰安婦は性奴隷」を明記
      「慰安婦=性奴隷」を生んだ日本人
      「国連に問題がある」――声を上げた市民

      ■第7章 「主戦場」は米国、「主敵」は中国
      サンフランシスコ中華街観光名所に「反日拠点」
      同盟国・米国で日本非難はどう拡大したか
      司法の場でも日本糾弾を展開
      日系のホンダ議員、「反日」団体の先兵に
      終わらぬ糾弾、狙いは日米同盟弱体化

      ■資料編
      ▼河野談話政府検証報告に関する産経新聞報道
      ▼河野談話政府検証報告の詳報
      ▼河野官房長官談話全文
      ▼クマラスワミ報告書(抜粋)
      ▼クマラスワミ報告に対する日本政府「幻の反論文書」(要旨)
      ▼慰安婦問題をめぐる経緯


      歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
      産経新聞社
      産経新聞出版
      売り上げランキング: 163







      【推薦図書】

      → 【書評】 『テキサス親父の大正論』トニー・マラーノ著
      → 【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著
      → 【書評】 『マスコミ堕落論』西村幸祐著
      → 【書評】 『だから日本は世界から尊敬される』マンリオ・カデロ著
      → 【書評】『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』
      → 【書評】『暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国』
      → 【書評】『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
      → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
      → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
      → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
      → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著



      人気ブログランキングへ



      | 慰安婦問題 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
      タカリ屋の韓国人と事なかれ主義の日本の政治家の作文だった「河野談話」の正体がどんどんバレる!
      0
        今年の産経は正月早々からいい仕事をしています。

        反日・自虐日本史を社是とする世界に名だたる巨大新聞社の朝日新聞のわずか1/5の発行数しかないにもかかわらず、孤軍奮闘する産経にエールを送りたいですね!

        しかし、この記事の内容を読めば読むほど、韓国人のタカリにかける執念と日本の政治家の三流ぶりにはあきれるばかりです.......

        何が事実かは、知る由もありませんが、当時の日本女性の貞操感や現在も世界中で売春を繰り広げる韓国女性の実態を鑑みれば、戦後直後に行われた米国の戦時調査に基づく「朝鮮人高級売春婦」としての認定が一番正しいのでは、ないでしょうか?

        それをタカリにたけた韓国人が被害者づらして、賠償を求めて、ことなかれ主義の日本人政治家がいいやいいやで金を支払ったというのが慰安婦問題の実態でしょうね。


        記事によると、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」が韓国側の修正要求に沿った「日韓合作」だった問題で、河野談話と同時発表された政府の慰安婦に関する調査結果報告(公式事実認定)も、韓国側の修正要求を大幅に取り入れていたことが7日、分かった。政治性を排除すべき事実認定にまで韓国側の介入を許していたことで、政府の慰安婦問題に対する認識・見解の正当性・信憑(しんぴょう)性は事実上、失われた

         当時の政府関係者らが詳細に証言した。韓国側からの調査結果報告への修正要求は、河野談話発表4日前の7月31日に届いた。

         調査結果報告は(1)慰安所設置の経緯(2)慰安所が設置された時期(3)慰安所が存在していた地域(4)慰安所の総数(5)慰安婦の出身地(6)慰安所の経営および管理(7)慰安婦の募集(8)慰安婦の輸送等−の8点について、政府の事実認定を記述している。

         証言によると、韓国側は(1)と(7)に対して、河野談話への修正要求と同じく「軍当局の意向」を強制性が明らかな「指示」と改めるよう求め、協議の末に「要請」で決着した。

         韓国側は、(4)に関しては日本側の原案に「慰安所が存在しなかった地域も存在し、また兵隊に対する慰安婦の割合も地域ごとにさまざまで、書物などの試算が当時の実態と合致していたか否かは全く不明」とある部分の全面削除を要求。

        その上で韓国側は「長期に、また、広範な地域にわたって慰安所が設置されていたことから、相当の数の慰安婦が存在したと推定される」との代替案を示し、これがほぼ日本の事実認定として採用された。

         韓国側は(6)の部分では、原案の「(慰安婦は)自由な境地とはほど遠いところにあった」という記述について、「自由もない、痛ましい生活を強いられた」と書き換えるよう求め、日本側はそのまま受け入れた。

         一方で、(7)の原案の「業者らが或(ある)いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に反して集めるケースも数多く」の部分では、韓国側は「業者ら」を「官憲または業者ら」にすることなどを求めたが、日本側は拒否した。

         慰安婦に関する調査結果報告 政府による慰安婦関係資料の調査は平成3年12月に始まり、4年7月に政府の関与を認める第1次調査結果が公表された。ところがその後も韓国側からも「強制性の認定」が強く求められたため、5年8月4日、河野談話と合わせて強制性を認める第2次調査結果が発表されたとのことです。


        タカリ


        韓国人を愛せますか? (講談社プラスアルファ新書)
        パク チョンヒョン 講談社 売り上げランキング: 357,763





        【関連記事/慰安婦】

        → 日本の子供や女性は、米国でいつ韓国人に襲われるかわからない状態
        → 「河野談話」に韓国政府の関与と明らかなねつ造が発覚
        → 米国市民が慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものと撤去を嘆願
        → 日本は韓国人慰安婦の実態が、高級売春婦であったのか?
        → 慰安婦をネタに、まだタカリ・ユスリを続けようとする韓国
        → 反日勢力に屈することなく従軍慰安婦問題の事実を明らかに
        → 産経が河野氏に「河野談話」の説明を直接求める記事を投稿
        → 従軍慰安婦謝罪を前提とした「お粗末な調査」とによる河野談話
        → 慰安婦はねつ造。河野談話に加担した反日活動家をあぶりだす好機
        → 約30万人の韓国兵が犯した婦女暴行や住民虐殺への謝罪ナシ
        → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO
        → 【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
        → この度し難き鉄面皮…朝日新聞の頬被り「慰安婦=性奴隷」論
        → 「慰安婦(売春婦)輸出大国」韓国、遠征”女性10万人超


        人気ブログランキングへ


        | 慰安婦問題 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
        【祝】米慰安婦像の撤去請願署名10万超す 欧州でも支持を獲得!【祝】
        0
          まずは、日本人と日本を支持する欧米の方々や、世界の良識人または正しい事実を知る人たちの署名が10万人あつまったことは、素直に嬉しいですね!

          とは言え、10万越えにより、支持率低迷中のオバマ大統領は、何らかのコメントを出さねばならず頭の痛い問題でしょうね。

          自治体が設置した慰安婦像に合衆国政府がコメント出来るとといえば「遺憾」「残念」「関与しない」「称賛する」とか言った程度でしょう。自治体の設置物に「撤去が望ましい」or「設置したままが望ましい」などともコメントできないでしょう。

          また、米国にとって韓国と日本はともに同盟国であり、どちらか一方に肩入れすれば、どちらの国のナショナリズムをも刺激し、一気に米国不支持率があがるでしょう。

          いずれにしても、米国は、70年も昔の慰安婦問題にかかわらないことが米国の利益であるというスタンスが公平と言う立場でしょう。米国は、韓国と日本をどちらか対中国の最終防衛ラインに選ぶのかという選択をするなら日本でしょうが、米中は経済的な結びつきも強く、軍事的な対立を望まないオバマ政権は日韓の選択はできないでしょう。

          次の共和党政権がより強い米国を目指す政権となるのであらば、米国は、韓国から兵を引き、日本を米国のための不沈空母と考えるでしょうし、日本の昨今の世論を考えれば、日本人はそれをこそを望んでいるかもしれません。


          記事によると、 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を求め、ホワイトハウスのホームぺージ(HP)で続いている請願活動は3日までに、署名が10万件を超え、請願の正式受理に必要な目標数を達成した。慰安婦像撤去の請願を立ち上げた米テキサス州在住のトニー・マラーノさん(64)は、「目標達成は特筆すべき成功だ。多くの人が慰安婦像は日本のイメージを傷つけるだけだと感じている」と述べ、賛同者と署名集めに奔走した人々への謝意を示した。

           「テキサス親父(おやじ)」の愛称で知られるマラーノさんが請願を立ち上げたのは昨年12月11日。期限の今月10日までに10万件の署名を集めるのは困難とみられていたが、マラーノさんによると、ソーシャルメディアなどによって日米だけでなく欧州でも支持が広がり、目標達成が実現した。

           請願が受理されても、連邦政府が地方自治体の案件に介入する可能性はほとんどない。だが、マラーノさんは「慰安婦像が不愉快だと受け止められていることが裏付けられた」として、請願が2月から慰安婦碑設置の可否を審議するカリフォルニア州クパチーノ市議会などへの牽制(けんせい)となることに期待を示したとのことです。

          安倍001








          【関連記事/慰安婦】

          → 日本の子供や女性は米国でいつ韓国人に襲われるかわからない状態
          → 「河野談話」に韓国政府の関与と明らかなねつ造が発覚
          → 米国市民が慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものと撤去を嘆願
          → 日本は韓国人慰安婦の実態が、高級売春婦であったのか?
          → 慰安婦をネタに、まだタカリ・ユスリを続けようとする韓国
          → 反日勢力に屈することなく従軍慰安婦問題の事実を明らかに
          → 産経が河野氏に「河野談話」の説明を直接求める記事を投稿
          → 従軍慰安婦謝罪を前提とした「お粗末な調査」とによる河野談話
          → 慰安婦はねつ造。河野談話に加担した反日活動家をあぶりだす好機
          → しつこい!本当にしつこい!韓国人という生き物 慰安婦問題
          → 約30万人の韓国兵が犯した婦女暴行や住民虐殺への謝罪ナシ
          → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO
          → 【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
          → この度し難き鉄面皮…朝日新聞の頬被り「慰安婦=性奴隷」論
          → 「慰安婦(売春婦)輸出大国」韓国、遠征”女性10万人超


          人気ブログランキングへ


          | 慰安婦問題 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
          日本の子供や女性は、米国でいつ韓国人に襲われるかわからないに状態になってきましたね。
          0

            もはや、米国には火病を持つ、韓国人が日本人狩りをしている状態の様相ですね。

            日本の子供や女性が歩いていると、どこからともなく韓国人が現れて「Are you Japanese ?」って恐ろしい限りです。

            米国は、日本人にとって非安全地帯に化しましたね。

            今からでも遅くないので、慰安婦のねつ造経緯を国際社会に訴えて、世界中で、日本の子供や女性が韓国人に暴行されたり、襲われたりする前に、防止策を打つ必要がありますね。

            とりあえず、米国政府に、日本人の子供や女性が韓国人から暴行される可能性が高いことについて注意を勧告しておく必要があるでしょう。


            記事によると、「グレンデールの大きなクリスマスツリーはとてもきれいで、娘を連れて毎年見に行っていたんですよ」。ロサンゼルス近郊に住む日本人の主婦はそう振り返り、続けた。「でも、もう行きません。慰安婦像があることは娘も知っているし、行きたいとも言わないでしょう」

             この主婦によると、慰安婦像が設置された昨年7月以降、日本人の主婦友達らは、グレンデールには足を運ばなくなったという。

            そんな中、この主婦はあえて「自分の目で見てみよう」と、慰安婦像のある公園に娘を連れて行った。像の前に立ち、写真を撮ろうとしたその時だった。背後から声がした。

             「(慰安婦像と)一緒に撮ってあげましょうか」

             びっくりして、振り返ると韓国系とみられる男性が立っていた。

             主婦が聞こえないふりをして、無視し続けていると、その男性は「アー・ユー・ジャパニーズ? ジャパニーズ?」と繰り返し話しかけられたという


             立ち去ろうと足早に歩いていると、娘が言った。

             「お母さん、気づかなかったの。あそこからこっちを見ていた人だよ。見張ってたのかもね」

             2人が慰安婦像に近づいていったときから、男性は像が見える近くの建物から行動を観察していたという。

             主婦は憤慨した様子で語った。「『平和目的』とか『平和の少女像』とか言っていますが、そんな像に、なぜ見張り人が必要なのでしょうか。逆に、こわいですよね」とのことです。

            金よこせ


            虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO)
            呉 善花
            ワック
            売り上げランキング: 11,253






            【関連記事/慰安婦】

            → 「河野談話」に韓国政府の関与と明らかなねつ造が発覚
            → 米国市民が慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものと撤去を嘆願
            → 日本は韓国人慰安婦の実態が、高級売春婦であったのか?
            → 慰安婦をネタに、まだタカリ・ユスリを続けようとする韓国
            → 反日勢力に屈することなく従軍慰安婦問題の事実を明らかに
            → 産経が河野氏に「河野談話」の説明を直接求める記事を投稿
            → 従軍慰安婦謝罪を前提とした「お粗末な調査」とによる河野談話
            → 慰安婦はねつ造。河野談話に加担した反日活動家をあぶりだす好機
            → しつこい!本当にしつこい!韓国人という生き物 慰安婦問題
            → 約30万人の韓国兵が犯した婦女暴行や住民虐殺への謝罪ナシ
            → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO
            → 【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
            → この度し難き鉄面皮…朝日新聞の頬被り「慰安婦=性奴隷」論
            → 「慰安婦(売春婦)輸出大国」韓国、遠征”女性10万人超


            人気ブログランキングへ


            | 慰安婦問題 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/3PAGES | >>