CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    和牛商法の広告塔となっていた民主党の海江田氏は、なんらかの謝罪なり弁明なりをすべきでは?
    0

      投資は自己責任ですが、説明に虚偽があれば詐欺であり、当然、投資した金額は弁済されるべきものであると考えられます。

      当時、投資したお年寄りたちは、経済評論家の海江田万里氏の和牛商法への絶賛記事を読んでお金を払った人も多いと聞きます。

      刑事上の責任はないとしても、道義上の責任はあるわけで、しかも、海江田氏は、韓国政党とか中国政党あるいは反日勢力とも呼ばれている民主党とはいえ、日本の国民の税金で報酬をもらっている国会議員でああるわけだから、何らかの弁明なり、釈明なりをすべきでしょう。


      記事によると、病気療養を理由に債権者集会などを欠席していた安愚楽牧場元社長、三ケ尻久美子被告が約2年ぶりに公の場に姿を現した。特定商品預託法違反罪の起訴内容を全面的に認め、終始神妙な面持ちで審理に臨んだが、4200億円を超える過去最大級の投資被害事件に巻き込まれた出資者らは「審理を通じ、われわれをだます目的だったことがはっきりした」と強調。より刑罰の重い詐欺罪の適用を求める声が上がった。

       三ケ尻被告は上下灰色のスエット、青色のサンダル姿で出廷。かつて豪華なドレスに身を包み、主催パーティーで和牛商法の魅力を力説した面影はなかった。

       警視庁は詐欺罪での立件を見送ったが、証拠調べでは三ケ尻被告が「今さら牛がいないんじゃ困るのよ」と語気を強め、牛の保有頭数の偽装工作を進めたとする職員の供述調書も明らかに。違法性を認識しながら虚偽の説明を行っていた実態が浮き彫りになった。

       出資者で構成される「あぐら被害者の会」は傍聴後、初公判までに詐欺罪で立件されなかったことに対する抗議文を東京地検に提出。東京・霞が関の司法記者クラブで会見した被害弁護団長の紀藤正樹弁護士は「検察側の冒頭陳述で指摘された内容は詐欺そのもの。犯行の計画性の高さが裏付けられた」と述べた。

       家族で計4千万円を出資したという東京都足立区のフリーライターの男性(49)は「加害者が詐欺できちんと罰せられることもなく、被害者だけが『自業自得だ』と責められるのは納得がいかない」と憤りをあらわにしたとのことです。


      和牛詐欺  人を騙す犯罪はなぜなくならないのか
      斉藤 友彦
      講談社
      売り上げランキング: 321,718






      【関連記事/海江田万里】

      海江田代表 「はだしのゲン」の閲覧制限の理由すら知らず
      海江田万里氏に聞きたいのは、「あなたは日本人ですか?」
      海江田氏「ご自身の身の処し方があるんじゃないですか」 菅直人
      民主・長島氏、海江田代表の「改憲反対」発言を批判
      民主・海江田代表、96条改正反対を表明 参院選争点に
      海江田代表は、和牛商法被害者の方々にお詫びをしてもらいたい。


      人気ブログランキングへ
      JUGEMテーマ:ニュース


      | 架空投資話 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スーパー店頭などでの「ウオーターサーバー当選商法」に注意喚起 国民生活センター
      0

        日本人ならこういう韓国人や中国人のやっているような詐欺まがい商法はやめてらいたいですね。

        ようは供給機を貸し出して、高い水を定期的に買わされているような商法です。

        定期的に水を買う契約を解約すると、高額のウオーターサーバー代が請求されるという商法なので要注意です。

        場所を貸すスーパーなどもこういった商法の会社には場所を貸さないなどの配慮を求めたいものですね。


        記事によると、ボトル入りで宅配されるミネラルウオーターや浄水を飲むときに使う供給器(ウオーターサーバー)が「くじで当たった」と勧められ、水の定期購入契約をしてしまうトラブルが増えていると、国民生活センターが5日、注意を呼びかけた。サーバーのレンタル料は無料でも、水はお金を出して買わなければならず、1年未満の契約解除にはサーバーの引き取り料を要求されるといった事例が多いという。

        同センターによると、相談者の多くはスーパー店頭などで催された抽選会でくじを引き、「2等のウオーターサーバーが当たった」などと言われて契約を勧められていた。当たったことで気分が高揚し、よく考えずに契約してしまう事例もあるという。

        ウオーターサーバーの当選商法に関する相談は2010年度は4件だったが、11年度206件、12年度812件と増えている。13年度は8月20日現在で341件あり、前年の2・4倍のペース。相談者の4割強は20歳代という。同センターは福島第一原発事故で子育て世代を中心に飲料水への関心が高まっていることが背景にあるとみているとのことです。


        悪徳商法 わざと引っかかってみました
        多田 文明
        彩図社
        売り上げランキング: 42,733





        【関連記事/悪徳商法】



        人気ブログランキングへ


        | 架空投資話 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
        【MRI 顧客資金消失】“なけなしのカネ”出資者も 続く低金利、年金不安も背景に
        0

          お年寄りなどから、運用もしていない案件で、タレントを多用した豪かなパンフレットで安心させて、お金をだまし取るといった組織犯罪として断罪すべき事案でしょうね。

          いま、問題になってる民主党の海江田代表が広告塔となっていて、お年寄りが大勢被害にあった破たんした和牛商法では、確かに和牛を飼って運用していた。しかし思っていたような配当が出せずに破たんしたというケースとはまったく別でしょうね。
          (海江田万里という経済評論家としてのネームバリューで和牛商法に出資した方々への、反日政党とは言え、政党の代表としての海江田氏の道義上の説明責任は残ります。)

          MRIの場合は、運用もしていないファンドでお金を集めていたとすれば、もはや犯罪でしょう。

          早急に、解決することは期待しています。


          記事によると、MRIの出資者には、富裕層だけでなく、独身女性や高齢者、病気で働けない人も含まれていた。“なけなしのカネ”を出資した背景には、年金受給年齢引き上げへの不安、銀行の低金利があるようだ。自転車操業に陥って以降も、顧客獲得セミナーで専門家に講演を依頼するなど、MRIはあらゆる層を利用し、巧みに顧客拡大を画策していた。

          「経済誌で広告を見て、最初はそんなおいしい話はないと思った。だからだまされるのを覚悟の上で、平成12年に1口150万円を出資した」

          東京都世田谷区の無職の女性(62)はそう話す。12年は年金改革が行われ、受給年齢の引き上げが決まった年。女性は当時会社員だったが、独身で厚生年金の支給額も十数万円程度と予想していた。「1人の将来が不安だった」

          しかし150万円は2年後、200万円近くになって戻った。MRIからは追加出資の勧誘もなく、当初の疑念は薄まっていった。その後出資を繰り返し、6口、計900万円を出資するに至った。

          「このお金が消えてしまったら将来設計が狂ってしまう。一部でも返してほしい」。

          都内に住む無職の男性(72)は、息子夫婦を援助しようと出資。「年金では生活できるだけで、お金はたまらない。子供や孫に少しでもお金を残してやりたいと思った」と話す。

          友人の誘いで貯金から300万円を出資したのは約10年前。4年間で300万円が約500万円になった。3年前には貯金のほぼ全額に近い1500万円を5年後に受け取る契約で出資。「配当で息子夫婦の自宅ローン支払いを助けようと思った。今回のことで、逆に息子に怒られるかも」と力なく笑った。


          約5千万を出資した世田谷区の男性(57)は約10年前に椎間板ヘルニアを発症、仕事を辞めた。自宅では高齢の母親を介護しており「配当は生活費に充てるつもりだった。低金利の銀行預金では資産は増えない。投資以外の収入はない。元本だけでも返して」と悲壮な表情で訴えたとのことです。





          【関連記事/投資詐欺】

          → 集めた約1300億円超を運用せず、大半が消失している疑い
          → パナコム社債詐欺で、兵庫県警が岡野力夫容疑者ら9人逮捕
          → バルチック・システム元社長を逮捕 投資話で詐取容疑

          人気ブログランキングへ
          JUGEMテーマ:株・投資


          | 架空投資話 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
          年利8・5%で資金運用 MRIインターナショナル 集めた約1300億円超を運用せず、大半が消失している疑い
          0
            しかし、こういう投資詐欺って本当にいつの時代になっても消えませんね。

            甘い話にはご用心ですが、年利8.5%くらいの話だと信用してしまいますね......


            記事によると、東京・千代田区に事務所を置く債権回収会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)が事業への投資として集めた約1300億円超を運用せず、大半が消失している疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。証券取引等監視委員会は財務局に虚偽の事業報告書を提出していたとみて、同日中に金融商品取引法違反の疑いで同社と関係先を強制調査し、行政処分をするよう金融庁に勧告する。

            勧告を受け、金融庁は行政処分を科し、資産の保全に乗り出す見通し。

            同社は診療報酬を保険会社に請求できる権利を債権化した金融商品を扱う事業を展開。事業へ投資すれば最大年利8・5%で資金運用できるとうたい、日本の顧客約8700人から約1365億円の資金を集めていたとされる。

            だが、監視委が今年に入り運用状況などを検査した際、運用の実態が確認できなかった。金商法施行に伴い、平成18年に金融商品取引業の登録を受けて以降、関東財務局に対し、虚偽の実績を記載した事業報告書を提出し続けていた疑いがあるという。10年の同社設立当初は配当金が支払われていたが、近年は支払いが滞り、資金の多くが流出したとみられているとのことです。





            【関連記事/投資詐欺】

            → パナコム社債詐欺で、兵庫県警が岡野力夫容疑者ら9人逮捕
            → バルチック・システム元社長を逮捕 投資話で詐取容疑

            人気ブログランキングへ
            JUGEMテーマ:詐欺


            | 架空投資話 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/3PAGES | >>