CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
産経新聞社 産経新聞出版 売り上げランキング: 163






ヤバイ中国 (一般書)
ヤバイ中国 (一般書)
posted with amazlet at 14.07.27
渡邉哲也 徳間書店 売り上げランキング: 47



だから日本は世界から尊敬される (小学館新書)
マンリオ カデロ 小学館 売り上げランキング: 46



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊 ワック 売り上げランキング: 79



仲良く自滅する中国と韓国: 暴走と崩壊が止まらない! (一般書)
室谷克実 宮崎正弘 徳間書店 売り上げランキング: 64



朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本
長谷川 慶太郎 実業之日本社 売り上げランキング: 131



中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
長谷川 慶太郎 東洋経済新報社 売り上げランキング: 35



なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
石 平 徳間書店 売り上げランキング: 577



韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー 扶桑社 売り上げランキング: 30



田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません
田母神俊雄 石井義哲 産経新聞出版 売り上げランキング: 17



世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)
黄 文雄 徳間書店 売り上げランキング: 131



ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)
秋山 謙一郎 扶桑社 売り上げランキング: 482



どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
豊田有恒 祥伝社 売り上げランキング: 117






笑えるほどたちが悪い韓国の話
竹田恒泰 ビジネス社 売り上げランキング: 107






連合艦隊の最後―太平洋海戦史 (光人社NF文庫)
伊藤 正徳 光人社 売り上げランキング: 538



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫 ワック 売り上げランキング: 997



英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス 祥伝社 売り上げランキング: 42



昭和二十五年 最後の戦死者
城内 康伸 小学館 売り上げランキング: 937






中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史 日経BP社 売り上げランキング: 953



ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり 小学館 売り上げランキング: 301



中国共産党3年以内に崩壊する!?
宮崎 正弘 海竜社 売り上げランキング: 360






これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 379



なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花 小学館 売り上げランキング: 476



日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
池間 哲郎 扶桑社 売り上げランキング: 76



MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【書評】 『ヤバイ中国』渡邉哲也著
    0

      記事によると、欧州危機やアベノミクスによる日本経済の変化など、数々の予測を当てた著者が、中国の大動乱を緊急警告! これまでシャドーバンキングや不動産バブルの崩壊が囁(ささや)かれてきた中国ですが、ついにその爆弾が弾(はじ)けたことを、各種現象から分析。その背景に、ウクライナ問題で米露の新たな東西冷戦時代が始まり、中国がロシア支持に回ったことから、西側の中国包囲網が急加速している実態があることを明らかにしています。

       一方の中国は、韓国を取り込んで日米陣営の切り崩しを目論(もくろ)み、東シナ海や南シナ海で他国に対する強圧的な行動を繰り返していますが、それがオバマ政権のアジア・リバランス政策を加速させ、これから中国の孤立化と経済のハードランディングは避けられないと論じています。

       実際、中国の衰退を見越したかのように、ASEAN、台湾、アフリカ諸国で中国資本の排斥が起きている事実を紹介。加えて、著者は1年以上前から東アジアの情勢変化について、中韓の親密化に伴い、日本と北朝鮮が急接近する可能性を主張してきましたが、それが現実となっていることの意味と今後についても論及。その他、金融をめぐる米中のパワーゲームの行方、共産党内部の権力闘争の実態、経済・政治・社会・軍事が同時破局する可能性と世界への影響まで、中国問題を独自の視点から徹底的に読み解いています。

      新たな世界の枠組みのなかで、中国の混迷が何をもたらすのかを見通す一冊ですとのことです。



      内容紹介

      いよいよ断末魔の様相を呈してきた中国。シャドーバンキングは次々とデフォルトし、、バブルは完全に崩壊寸前。他国への軍事挑発を繰り返す一方、国内ではテロが頻発していある。権力闘争も泥沼化の様相を呈しており、習近平体制は完全に制御不能へと陥りつつある。末期的様相の中国は、これからどうなるのか。中国バブルが崩壊したとき、世界に何が起こるのか。経済のみならず国際政治にも詳しい著者が、世界情勢の大変化と中国崩壊の行方を読む。


      ヤバイ中国 (一般書)
      ヤバイ中国 (一般書)
      posted with amazlet at 14.07.27
      渡邉哲也
      徳間書店
      売り上げランキング: 47







      【推薦図書】

      → 【書評】 『マスコミ堕落論』西村幸祐著
      → 【書評】 『だから日本は世界から尊敬される』マンリオ・カデロ著
      → 【書評】『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』
      → 【書評】『暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国』
      → 【書評】『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
      → 【書評】『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
      → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
      → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
      → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
      → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
      → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
      → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
      → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
      → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
      → 
      【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著



      人気ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:中国


      | 中国 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
      【書評】 『中国崩壊前夜 北朝鮮は韓国に統合される』長谷川慶太郎著
      0

        記事によると、ソ連崩壊を6年前に予告した著者が、中国の崩壊は数年先ではなく「事態はきわめて緊迫している」として、中国の末路を展望してみせた。

         かつてソ連が東ドイツを見捨てたように、中国も北朝鮮を“手放す”可能性が高いと指摘。韓国も南北統一に備えて70日間は独力で北朝鮮を支える計画を立てているもののその後は日本などに頼らざるをえない。そして北の指導者はスイスへ亡命する−。ずいぶんと大胆な予測が続く。

         シャドーバンキング(影の銀行)の破綻懸念や、深刻化する環境問題、さらには共産党の腐敗も底が知れない。経済危機に直面して大量の失業者が発生すれば、路上生活者の急増や暴動の続発が予想され、中国は大混乱に陥ることになる。すでに中国崩壊を見越して、米国は中国からの自国民引き揚げを進め、在中米国人の数はすでに1万人以下だという。在中邦人14万人の日本も、有事となる前に手を打っておきたいところだ。

         中国が崩壊したらどうなるのか。著者は中国が単一の国家としては存続しえず、現在も独立色の強い7つの大軍区による7つの国に分かれるとみる。それらの国が互いに隣国を侵略しあう内戦が中国全土で繰り広げられる可能性も十分にあるのだという。

        本書では湾岸戦争においてイラク軍のソ連製最新型戦車と米軍の戦車がほぼ同数で激突し、米側が完勝した事実も紹介されているが、著者の軍事に対する造詣の深さには驚かされる。軍事も含めた政治の理解抜きには、中国経済も理解できない。中国の危うさを多面的に浮き彫りにする手腕は、見事というしかない。

         中国そして韓国、北朝鮮の行く末を見通した上で、日本はどう行動すべきかの指針をも著者は示している。現在の中国経済はバブル状態だと指摘されて久しいが、無限に続くバブルはありえず、破局は必ず訪れる。その時期の予測は難しいとはいえ、必ず起こる大混乱を前にまずは状況をきちんと把握しておきたい。備えあれば憂いなし。中国大動乱の余波を防ぐ上でも特定秘密保護法は必要だと著者は説く。けだし至言であるとのことです。



        内容紹介

        ●米軍がアジアへのシフトを急ぐのはなぜか?
        ●北朝鮮が日本、韓国に急接近する理由とは?
        ●外国人投資家が日本株を買い控える理由とは?

        すべては中国のクラッシュに備えた行動である

        バブル崩壊、シャドーバンキング問題による金融不安、深刻な公害による環境破壊……、史上最大級の経済危機から共産党の一党独裁体制は崩壊する。中国は分裂し連邦国家になり、朝鮮半島には統一国家が誕生する。ベルリンの壁崩壊→ソ連、東欧の解体と同様の歴史を変える出来事が、間もなく東アジアでも起こることになる。国際情勢分析の第一人者が最新の東アジア情勢を読み解く。


        中国崩壊前夜: 北朝鮮は韓国に統合される
        長谷川 慶太郎
        東洋経済新報社
        売り上げランキング: 35






        【推薦図書】

        → 【書評】 『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
        → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
        → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
        → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
        → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
        → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
        → 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
        → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
        → 【書評】「連合艦隊の最後 太平洋海戦史」教授・田久保忠衛
        → 【書評】『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
        → 【書評】『中国という蟻地獄に落ちた韓国』鈴置高史著
        → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
        → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
        → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
        → 
        【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
        → 【書評】『韓国 反日感情の正体』黒田勝弘著


        人気ブログランキングへ

        JUGEMテーマ:中国


        | 中国 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        【書評】 『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』石平著
        0
          記事によると、南シナ海をめぐる中国の強圧姿勢がベトナムの反発を招き、アジアに緊張をもたらしています。尖閣や歴史問題でもそうですが、なぜ中国はあそこまで他国に強圧的態度に出るのか。一方、中国国内では環境汚染や汚職問題などが悪化し、暴動やテロが頻発、社会崩壊の危機を迎えていますが、これらも我々日本人の理解を超えています。

           まさに「中国の謎」ですが、本書では、中国が抱えるさまざまな問題の根本に、中国人の伝統的な家族主義があると分析し、その観点から中国の今後を見通した一冊です。

           中国では古代から皇帝制度や儒教、道教を通して家族主義が肥大化してきたという歴史的背景を解説。それが中国人の利己的な民族性を育み、頻繁な王朝交代や天下大乱を招いたと論じています。

           毛沢東はこの家族主義を破壊し、共産社会を築こうとしましたが失敗。その後の改革開放路線とともに家族主義は復活し、かつて以上に強大になった結果、一族への利益誘導型の汚職や金銭至上主義が蔓延(まんえん)、不動産バブルが起こり、環境汚染から各派閥の権力闘争、少数民族問題、反日まで、あらゆる問題が噴出。そして歴史が示すように、家族主義の肥大化によってこれからの中国の大混乱と崩壊が不可避であることを論証・予測しています。

           日本に帰化した元中国人の著者が、歴史と現在を往来しつつ、中国の本質と未来を鮮やかに読み解いてくれています。反響も大きく、発売即重版になりましたとのことです。


          内容紹介

          現在の中国で起きている、反日、大気汚染、少数民族問題、領土紛争、権力闘争などの大混乱は、すべて伝統的な「家族主義」と「圏子(チェンツ)」が元凶だった! 中国人の行動原理から、歴史上、中華帝国が滅亡を繰り返さざるをえなかった理由を解説し、現在の中国社会もまた崩壊を逃れられない宿命であることを論証した画期的な中国論。孔子から毛沢東、習近平、シャドーバンキングまで、時代を縦横無尽に往来し中国の現在と未来を分析した一冊!

          著者について

          1962年、中国四川省成都に生まれる。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2007年に帰化。著書は『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)、『私はなぜ「中国」を捨てたのか』(ワック)、『中国の経済専門家たちが語るほんとうに危ない!中国経済』(海竜社)など多数。中国や日中関係の問題について、精力的に講演・執筆活動を展開する。


          なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか (一般書)
          石 平
          徳間書店
          売り上げランキング: 577






          【推薦図書】

          → 【書評】『田母神戦争大学』田母神俊雄、石井義哲著
          → 【書評】『世界が憧れる天皇のいる日本』黄文雄著
          → 【話題の本】『ブラック企業経営者の本音』秋山謙一郎著
          → 【話題の本】『どの面下げての韓国人』豊田有恒著
          → 【書評】『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』古田博司著
          → 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
          → 【書評】『笑えるほどたちが悪い韓国の話』竹田恒泰著
          → 【書評】「連合艦隊の最後 太平洋海戦史」教授・田久保忠衛
          → 【書評】『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
          → 【書評】『中国という蟻地獄に落ちた韓国』鈴置高史著
          → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
          → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
          → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
          → 
          【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
          → 【書評】『韓国 反日感情の正体』黒田勝弘著
          → 【書評】『悪韓論』室谷克実著


          人気ブログランキングへ
          JUGEMテーマ:中国


          | 中国 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
          【書評】 『中国共産党3年以内に崩壊する!?』宮崎正弘著
          0

            記事によると、昨年末、香港の雑誌が中国の行く末について、衝撃的な見出しを掲げました。本書のタイトルとも類似する「3年以内に中国共産党は崩壊」というものです。続けて「2014年に中国経済が崩壊しはじめ、2015年に共産党による秩序が瓦解(がかい)し、2016年に中国全体は昏睡(こんすい)状態に陥る」とその近未来を予想しました。長年、中国をウオッチしてきた宮崎正弘氏はこの「予言」をかなり現実味のあるものと読みました。

             かなり近い未来に中国共産党が崩壊するという「予言」に対しては疑義を持つ方も多いと思います。

             ですが、かつて独裁でならしたソ連の崩壊の日はある日突然、ブラウン管の向こうからやってきました。

             なぜアメリカと並び世界の大国と称されたソ連が呆気(あっけ)無くその地位から転げ落ちたのか。一見強固に見えたソ連も、政治の混乱などで国内が疲弊。ひと度どこかで異変が起きると一気に崩壊へと向かう下地ができていたのです。

             そしてまさに現在の中国も、そのソ連末期の症状に酷似しているというのです。

             本書では、実際の「中国共産党の崩壊プロセス」を克明に分析しました。

             世界第2位の経済大国、共産党一党独裁の覇権主義の中国の崩壊の先に何が起こるかを明確に予測することは難しいものの、世界および日本に与える甚大な影響はどうなるのか。その将来を考えるうえで、本書が何よりの参考書となることは間違いありませんとのことです。


            内容紹介

            中国で働く人も、これからの国際情勢を知りたい人も必読の一冊! !

            シャドーバンキング、入居者のいないマンション群、汚染、腐敗……連日、中国バブル崩壊を知らせるニュ
            ースが紙面を賑わすことが多くなった。

            まさに中国経済は、1990年代の日本が経験したバブル崩壊へ向けまっしぐら。バブル崩壊後の中国はどうな
            るのか。中国で営業する日系企業はまだ多く、その動向が注目される。

            本書で、チャイナウォッチャーの第一人者の著者が気になる中国の最新動向を読み解く。


            中国共産党3年以内に崩壊する!?
            宮崎 正弘
            海竜社
            売り上げランキング: 360







            【推薦図書】

            → 【書評】『日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい』
            → 【書評】『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』黒田勝弘、武貞秀士著
            → 【書評】『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』
            → 【書評】『真実の中国史[1949−2013]』黄文雄著
            → 【書評】『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦著
            → 【書評】『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910−1945』
            → 【書評】『田母神俊雄の日本復権』田母神俊雄著
            → 【書評】『中国はもう終わっている』黄文雄、石平著
            → 【書評】『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』SAPIO編
            → 
            【書評】『韓国はなぜ、性犯罪大国となったか』 加来 秀一著
            → 【書評】『日本は天皇の祈りに守られている』松浦光修著
            → 【書評】『この残酷な世界で日本経済だけがなぜ復活できるのか』
            → 【書評】『韓国 反日感情の正体』黒田勝弘著
            → 【書評】『悪韓論』室谷克実著


            人気ブログランキングへ
            JUGEMテーマ:中国


            | 中国 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/15PAGES | >>